矯正歯科で諦めない歯の健康│80歳で20本を達成するためには

歯科

歯垢を強力に落とす

笑顔のカップル

デンタルフロスは欧米ではメジャーであり、歯科医は皆必ずやっているといわれているものです。日本ではまだ馴染みの薄いデンタルフロスは、歯の間にある歯垢をしっかり落としいろいろな歯の病気から自分を守ることができるアイテムなのです。毎日行なっている歯ブラシのみで歯垢を落とした場合、約6割しか落とせていないというデータがあります。そのため、毎日の歯磨きには歯ブラシに加え、デンタルフロスの使用がよいとされています。この2つを合わせて実行すると歯垢を8割落とせることがわかっています。
虫歯になりやすい部分は歯と歯が隣り合っている間が最も危険といわれています。通常の歯ブラシでは届きにくい歯間をきちんとケアすると虫歯を防ぐことができるでしょう。また、デンタルフロスを使用することで歯周病も防ぐことができます。歯垢の中には虫歯の原因といわれる細菌が1ミリグラムあたり10億個もあるとされ、そのまま放置しておくとすぐに虫歯になってしまいます。
虫歯の治療で大切なことは早期発見と早期治療です。神経まで達するほど虫歯を放置すると治療が完了するまでに時間がかかりますし、他の歯に影響が出ることも考えられます。そこでデンタルフロスを歯磨きのときに使用すると、些細な変化を見つけることができ虫歯の早期発見に繋がるのです。デンタルフロスを使っているときにいつもと違う違和感を感じるなら、初期虫歯の疑いがあります。その違和感とは、「引っかかりを感じる」「フロスの糸がバラける」などです。

Copyright© 2015 矯正歯科で諦めない歯の健康│80歳で20本を達成するためにはAll Rights Reserved.